実感出来た一年後!今日から薄毛を卒業出来たのはプロペシアのおかげ

プロペシアでAGAを改善

プロペシアとは、国際的にも初となる経口内服によりAGAと呼ばれる進行型脱毛症の治療を行う事が出来る医薬品とされフィナステリドを0.2mg又は1.0mgを含有し二種類の用量規格が国内では承認され販売を許可されており、薬局等では購入する事は出来ませんが専門的にAGAを取扱う医療機関に受診する事で医師より処方を受ける事が出来ます。
プロペシアの成分フィナステリドは分類は5α-還元酵素阻害剤となり、脱毛症を頭皮に引き起こす原因物質である悪玉性の雄性ホルモンDHTが産生されてしまう事を阻害する作用を持ち、この物質が毛乳頭細胞内のホルモントランスポーターに結合をする事により毛髪に影響を与え成長を抑えるシグナルや髪に栄養を送る事を止めてしまうシグナルを出すようになり脱毛症が進行してしまうと言われており、男性の方が思春期までは体の発育に必要としている雄性ホルモンテストステロンが変換される事で産生がされるので、この変換を起こす酵素を阻害する事で毛髪の成長等を正常に戻す事で症状遅滞や発毛の効果を得る事が出来るとされます。
本剤には同一成分フィナステリドを用いたフィンペシアという後発薬も存在しその薬理や作用は同一となり低価格での内服を行う事ができ、定期的な受診を必要と掛かる費用は自費での負担を必要とする先発薬とは異なり、フィンペシアは個人輸入により海外からその輸送料金を含めても低価格に抑え内服する事ができ、最低でも投薬期間を一年としているだけに自費負担を軽減する事は男性の方が内服を続けていく上で継続力を高めてくれます。
プロペシア、フィンペシアどちらの医薬品もその有効性は高く多くの臨床試験結果からも約七割以上の方に改善の効果が現れ、三十から四十代の方には特に高い効果を発揮する事も分かっており、AGAの治療には欠かす事が出来ず一次選択薬として用いられています。
内服者の約一割の方に副作用としてリビドーの減退が起こるとされますが必ずしも誰しもに起こる事では無いので気にし過ぎてしまうと心因型とされるEDが生じる事も有るので過剰に気にする事は禁物です。